読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

店長の無限ループ

ひとりごとです。たわごとです。無限につづきます…。

レズビアンヘルスを探している女性にとって良質なコンテンツとは

すごい難題。
レズビアンヘルスを探している女性にとっての良質なコンテンツとは」…書いてから(しまった…と)後悔してます。

 

ごっちゃまぜの女性専用風俗業界


現時点で日本国内において営業しているレズビアン風俗店は、男性用のデリヘルを営むかたわら、女性用にも手を出してみようかな~って起ち上げた店と、レズビアンヘルスやったるで~ってビアンヘルスだけの営業目的で起ち上げた2つのタイプが存在しているものと推測します。

いずれも、ターゲットは女性になります。

難しいですよ。サービス内容や品質にきびしい女性から諭吉を引き出すっていうのは。並大抵なことではありません。男性は腐るほど存在している風俗店から選択できるので、自分のふところ事情にあったお店で遊べる…たまに贅沢したい時はボーナスを使って高級店に行く人もいると思います。

 

女性の場合はどうでしょうか。

 

いざ風俗店へ行こうと思っても、ネット検索してヒットするお店は限られています。ずいぶん調べたけれど新しい店も無さそうだ…既存店も女の子やサービスに様変わりはない…おや?前に気になっていた店が潰れているじゃないか?!

(いっそのこと男に生まれればよかった)

 

 

つまんねえな~

 

なんてこともあるでしょう。

 

女性専用風俗業界は男性が女性に提供するタイプと、レズビアン風俗店がノンケ女性も取り込み、マッサージやソフトなエッチを提供するタイプの2つに大別できます。お客様のタイプは3つに定義してみました。1は男性に癒してもらいたいという、性の対象が確固としているお客様。2は、男性でも女性でも気持ちよければ性別はこだわらないお客様。3は女性しか生理的に受け付けない、性の対象が女性のお客様(ビアンのお客様)

 

1・2・3のペルソナは風俗を利用したいという共通した目的を持っていますが、行きつくところの需要は似ているようで非なるものがあります。1と3は性の対象を変更することは容易ではなく、2はグレーゾーンです。総じて、女性専用の風俗業界に興味を持たれるお客様は、ご自身でもイマイチ何がしたいのか理解されてない方が多いように見受けられます。こうしたことから、現在の女性専用風俗業界は…

 

 

天地創造以前の世界、つまり

 

f:id:leblanctokyo:20160917225806j:plain

 

はい。混沌としているんですね。こうした混沌状態に秩序をもたらすのは、もちろん女性専用風俗をお求めになられている、女性のみなさまです。お客様の選択が女性専用風俗店・レズビアンヘルス店の淘汰を加速させるのです。そういう意味で言うと…

 

 

お客様は

まさに

 

f:id:leblanctokyo:20160917230711p:plain

 

…偶然にもオチがついたところで、今日はこのへんでおわりにします。本題にたどりつくのは三週間ぐらい先のような気がします。それではまた。

 

 

 

女性が女性専用風俗店を利用したいと思う時とは

やあみんな、店長です。

のっけから変なテンションでごめんなさい。

いいんです、オフィシャルブログじゃないので。やりたいようにやらせてください。たぶん「わたしは店長のファンです!」って人にしてみれば、キャラがブレまくっているのも、ご愛嬌と思ってくれるはず。

 

さて、今夜はノドの激痛に悶えながらも、女性が女性専用風俗店を利用することについて考察してみます。

 

前提条件として、考察する当事者は40歳独身のおじさんですから、女性の立場というわけではありませんので、ご了承ください。

 

女性が女性専用風俗店を利用したいと思う時とは

基本、どんな時なんですかね。

想像するに

  1. 無性に寂しいとき
  2. 無性にムラムラするとき
  3. 無性に慰めてもらいたいとき
  4. 無性に話を聞いてもらいたいとき
  5. 無性に何もかも忘れてしまいたいとき
  6. 可愛い子を傍らに置いて、酒が飲みてえとき
  7. 巨乳な子の乳を間近に感じて、ひたすら興奮したいとき
  8. 「そうだ、レズビアン風俗にいってみよう」と閃きを得たとき
  9. Y店長のブログに書かれていたことの真相を確かめたくなったとき
  10. 悟りを開くために最後の修行として設定したとき

おそらくは以上の10項目が大きな割り合いを占めるかと思います。(2015年度の厚生労働省レズビアン風俗店・女性風俗店ご利用者の動向アンケートより)※冗談ですよ

おおまかに分類すると、感情・情緒・生理的な衝動によるもの、承認欲求によるもの、一時的な自己否定の極限状態に至るもの、理想・妄想の実現欲求、性的興奮への憧れによるもの、その他、メディアやブログなどから得た情報に関する好奇心によるもの…ざっと、こんなところですかねえ。

 

もし、女性専用風俗店・レズビアン風俗店(ビアンヘルスなど)をご利用されたことのある方、いらっしゃいましたら店長に「利用したきっかけ・根本的な動機」などを教えてください。

 

もっと書こうと意気込んでいたのですが、眠気MAXと扁桃腺の腫れがヤバそうなので、そろそろ寝ようと思います。それではまた明日。

 

営業向けじゃないからね…。

ブログのぬしについて

皆様、はじめまして。


私は女の子と女の子がデートしたりエッチできるお店を運営しているアラフォー目前のおじさんです。

 

「きみは何を言っているんだい?」

 

と思われた方、まぁまぁまぁ

あまり深く考えないでいきましょうよ。

 

さて、はてなブログを立ち上げる前に、私はお店の運営を意識して某ブログランキングサイト(そこそこ有名どころ)に登録し、断続的ではありながらも更新情報を垂れ流していました。


ところが、ある日。

登録していたLGBTレズビアン、セクマイのカテゴリから抹殺されたのです。

 

 







ブログランキングサイトからのお知らせは、こんな感じ ↓

貴殿のブログは風俗店の営業ブログとみなされた為、勝手ながらカテゴリ変更をしてやったでござる。ついては、今後の更新はそっちでやっておくんなまし

 

 



うぉぉぉおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

f:id:leblanctokyo:20160912234414j:plain

 

 

なんですとー!私のブログが風俗店の営業ブログですって?!

 

 

 

あ、そーいや、女の子大募集とか新人さん入店速報とか、思いっきり書いてたわ・・・あははは。

 

 

ということで、被リンクが最も多かった唯一のランキングサイトから、あっさりと他所でやってね宣言を喰らってしまったので、営業向けじゃない店長のありのままの姿を知ってもらおうという魂胆でハテナに登録した次第でございます。

 

f:id:leblanctokyo:20160912235308j:plain

 

もう一度、書きます。

営業向けじゃないからね。
風俗店とかレズビアンとか、そういうワード使う時もあるけれど、営業向けじゃないからね、3回言ったよ。

 

あ~なんか無性に緑茶が飲みてえなあ。。

そんな感じのまったりした感じのブログだから。

ところで、たぶんこんなイカレたブログを発見して読まれている方たちのことを思うと、レズビアン?風俗?まさか、レズビアン風俗?って思われる方が大半なんですよ。

その割りにあんまり興味ないな~って人も大半なんですよ。だから、私がそういったお店をやろうと思ったきっかけとか、幼少期の思い出とか、性癖とか、好きなAVとかは絶対に書かないでやろうと思ってますので、期待しないでほしい。一切。

すみません、いきなり失礼なことを言い放ちました。

「いったいどこの店だ?」と思われた方は、私のアカウントから察すれば大体の店舗名は判明するでしょう。

f:id:leblanctokyo:20160913001503j:plain



うん。そう。


お店の方では真面目にサイト更新したり、対応してます。でも、真面目200%から絞り取った誠実対応エキスばかりでは集まってくれる人も限られてくると思うんですよね。

この人、こんなにガチガチでシャレの一つも通用しないのか?

え…ちょっと、真面目なのはいいんだけど、フレンドリーに接してくれた方が問合せしやすいかも。

もしかして、こいつは人間じゃなくてSiriか、どこぞの企業が作ったAIか、ブログも実は最新のAPIを使って自動投稿されているのではないか?!


そろそろ疑念を持たれている方も多いかと思います。安心してください、公式サイトを作ったりブログを書いているのは、ただのオッサンです。たまにツイートしているのも同じオッサンです。ハートマークとか使っているので想像されるとキモイって思われた方は今後はブロックしてください。面接に行ってもイケメンとか美女は出てきません。ただ、レズビアン風俗店は仕事として対応しているので、ふざけた面は極力オモテには出さないようにしているだけです。

 

今後の方向性

とりあえず在籍してくれる女の子に関して
いきなり見出しが変わって、今後の方向性の話をしたいと思います。
今後は、特に変わるつもりはありません。立ち上げたのが2015年の11月頃、なんやかんやあって途中にブランクを挟み、そろそろ1年です。女の子は8月あたりから神様の恵みとも言わんばかりの面接ラッシュが続き、現時点で2名が採用に至っています。

「採用に至る」という表現は、本当にお店のコンセプトに合うか面接後に二日ほど時間をいただき、採否をお知らせしているからです。供給過多じゃない業界でよくそんなことやってられんなぁと誰もが思うかもしれません。私は、需給のバランスでお店のコンセプトを曲げるつもりはないので、あくまでも清楚系・未経験…的なワードに沿った人選をしています。それに加えて、どれぐらい働けるかの条件面も重要です。

 

先行会員様を含め問合せをくれるお客様に関して
お客様向かいも基本姿勢は正直であること。難しい場面もありますが、可能な限り努めることが鉄則かと思っています。レズビアン風俗店を利用してみようと思う女性は、いったいどんな女性なのか、そのような根底から常に問い続けています。何店舗か利用してみて、うちのお店に期待してくれていそうなお客様もいらっしゃるようです。それだけ運営の品質により良い印象を持ってくださっているのかもしれません。決して無駄にはできません。

私としては、レズビアンヘルス(女性専用風俗店)を経営することは人生の一大事業のうちの一つであります故、何度倒れてもゾンビのごとく粉砕されるまで起き上がる覚悟でいます。きっと今はレズビアン風俗店の創世記かもしれないですね。数少ない老舗的なお店も、油断できない経営環境に陥る可能性はゼロではないです。10年やってみて何となく回っている。レズビアン風俗店ひとつだけの運営を考えれば、そういうイメージですが、私のアイデアは…否、妄想はとどまるところを知りません。レズ風俗の先にあるフィールドを見据えています。アレも、コレも、次の着手段階に移れるようになったら、そうしたアレコレを公表していきたい思いでいます。

 

勝手にしめくくり 

公式ブログにも書きましたが、これからは女性も大々的に風俗店を利用できる時代に入ってくると予想しています。レズマッサージとかレズエステとか、なんかのタイミングでラッキーなアクシデントを体験された女性以外にも、性風俗のサービスとして公に窓口が開かれてくるでしょう。これは店長の全く根拠の無い予言です。


f:id:leblanctokyo:20160913005510j:plain

 飛行機も自動車もコンピューターも、あらゆるテクノロジー分野において不可能と言われたことは全て実現されてきました。文化的、生物学的な分野においても、一つのイレギュラーかつマイノリティな傾向にあるエネルギーは、何かの変化や予測不可能な現象をもたらすと言われています。人類や生物は我々の文明的速度からすれば、進化しているように思えませんが、実は今でも全ての生物は進化の過程にあると考えられています。その中において人間が異性だけを受け入れるという固定観念は、もはや崩壊し始めているのです。あらゆる性の多様性が人のDNAから発現し始めている。私はそう考えています。クレイジーと思われたことが、あたりまえな世のことになる。あなたは、どう考えますか?