読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

店長の無限ループ

ひとりごとです。たわごとです。無限につづきます…。

レズビアン風俗のレポのおかげで

うちの店のググル検索結果が押し下がってますw

や~~もうなんだかなぁ~

レズビアンヘルスだったら4、5ページぐらいに来てたんだけど「レズビアン風俗」の方が検索表示が多いので、そちらに書き換えたのですよ。そしたらね、やっぱり浮上しないんだなコレが。

焦っても仕方ないのでブログを書き続けますよ。検索サイトに波及したレズ風俗レポの影響も時間が経てば沈静化するでしょう。

のんびりやりますよ。

 

次期大統領トランプ氏とLGBT

決まってしまいましたね。
次期アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプ氏。
数々の暴言や差別的発言、過去のスキャンダル騒動。歴代のアメリカ合衆国大統領には、彼のような資質を持った人物はいなかったと言われています。

オバマ大統領は二期目の就任演説でLGBT問題を取り合げ、同性婚の実現に向けて様々な課題に取り組む姿勢を見せてくれました。

さて、トランプ氏はどうでしょうか。
かつてのオバマさんやヒラリーさんと近い路線をたどるのでしょうか。トランプ氏がLGBTへの理解を示す態度を見せる時が来ても、それは一時的であり、根幹的な思想はリベラルを維持するのではないでしょうか。

海外でのレインボーフラッグ運動は日本にも大きな影響力を持つだけに、トランプ政権下となったアメリカの動きが非常に気になるところ。

 

レズビアンヘルスのサイトでもコピーされる事実

こんばんは。店長です。
ツイッターも公式サイトも浮上しないまま、やるべきことを黙々とやっています。
そんな折、公式サイトの挨拶ページとコンセプトページがまるっと誰かにコピーされました。

ははは・・・
おもしろいね。

コピープロテクトしてなかった隙を狙われました。もちろんアラートあがったので、IPとか調べましたけど、あんまり頻繁に来てない輩のようですね。気まぐれに訪れて、たまたまコピれる状態だったので、パクっていかれたのでしょう。
もちろんコピープロテクトかけ直したので、右クリックもスマホからのタップも不可です。文章ぐらい自分たちで考えましょうね。

それと、あれですよ。リライトしてアップしたところでウチのページは既にgoogleにインデックスされているから、類似ページとしてペナルティくらう確立が非常に高いです。気をつけて下さい。コピペ&リライトしたところで、逆効果ってことですね。今やgoogleもブラックハットSEOやリライトツールを使ったページは評価しないアルゴリズムに変更しているので、ひと昔のようにいかないことだけは覚えておきましょう。

それでは引き続きコピペサイト作りに勤しんでいただければと思います。

Hasta la vista

レズビアン風俗店の価格設定について

こんばんは。Y店長です。
お客さん目線の店づくりを心がけながらも、その難しさに苦闘しています。

アレですよね。
やっぱり最終的には、女の子が可愛いとか、キレイとか、レズレズしてるとかビアンビアンしてるとか、それも大事なんだろうけど、やっぱり最後はアレ。


価格ですよ
価格・・・

 

シビアな話。値段と釣り合うものが何なのか、レズビアン風俗って基準が難しい。変な話、男のデリヘルはデートコースあってもヘルス前提条件がほとんどで、デートのみって無いんですね。これをレズビアンデリヘルでやろうとする、

「え…わたしはエッチまでとか考えてないし」
「え?そんなこともするの?それって強制?」

 

みたいな話になるわけですよ。

 

f:id:leblanctokyo:20160926012523j:plain

 

さーせん、比較すること自体ナンセンスでしたね。

 

そもそも、女性が風俗に求めているものって難解すぎて価格設定に迷走してしまうんですね。だから他店も横ならびっていう現象。

結局のところ…

 

f:id:leblanctokyo:20160926012824j:plain

 

唯一分かっていることは、この業界の価格設定が曖昧っていうことですよね。見直しが必要ってことですよね。高いですよ。営業している人が言うんだから間違いない。

 

そもそも風俗っていうのはあるにせよ、お客さんが求めている内容に対して価格が見合ってない気がして、ここ数日そんなことばかり考えています。

 

 

ノンケ女性を責めたいビアンを想定する

こんばんは。Y店長です。ブログ書くのが楽しくて仕方ない。…というのは反対で、ここ数日間、迷走してました。しんどいな~って思うこともありました。

 

f:id:leblanctokyo:20160923005354j:plain

 

まぁそうなんですよね。

ビアン風俗店って男性がやるもんなのか、根本的な疑問に再度ぶちあたりまして。それでもやってるわけですけども。まぁやりたいからやっているわけで。体よく言えばアライなわけで。荒井さんじゃないですよ。

たぶん他のレズ風俗・女性専用風俗店をやられている店長さんの中にも少なからず私のような気持ちになる方はいるんじゃないかなあ。なんなんでしょうね、これ。


レズビアン風俗業界において

スタ●バッ●ス
デ●ズニー●ンド
リッ●・カー●トン

と肩を並べるようなホスピタリティとサービスクオリティを目指し、お客様が日常に戻った後もアタマのなかで興奮冷めやらぬファンタジーが続く、そのような素敵な店を目指している店長が、急にテンション下がるなんて、あるんですね。こういうことも。


f:id:leblanctokyo:20160923012757j:plain


あ、自分語りがいきすぎたようです、失礼しました。


本題に入りますけど、最近、お店のシステムについてアレコレ思いをめぐらせまして。気づいたんです。

ビアン女性の一部では
ノンケの子を責めたいって
こっそり願望を抱いている子が
いるんじゃないか?

いるんじゃないか?

いや、もうここで問いかけたところで、だ~れも返してくれないことは分かっているので自分で結論づけるしかないんですけど、たぶんね、これはいますよ。ツイッターを観察してて、どうにもそっち系の願望を抱いている方たちが一定数いるのは確認できていますぜ、へへへ。

 

 

f:id:leblanctokyo:20160923013653j:plain

 

 


そんなわけでノンケの女の子もキャスト大募集しちゃいます…

 

って、ここで募集かけちゃうと、またどこぞのぶろぐむらさんみたいな扱いを受けることになるので、募集は公式サイトの方で引き続き頑張りますね。

 

女の子だけで行きたいデザート・バー

数日前にテレビ番組で見た、素敵なお店を紹介します。
もちろんY店長とは一切つながりも関係も無いお店なので、参考までに「こんなお店あるみたいだよ」…という意味の紹介です。

www.janicewong.jp

 

シェフのジャニス・ウォンさんの経歴も興味深いのですが、いろとりどり、ゴージャスかつエレガンスなデザートの数々。一つひとつのプレートを見ているだけでもワクワクしてきます(店長は甘党です)

 

コンセプトは

《かつてないデザートとのめぐり逢い》

 

もうね、"めぐり逢い"っていうフレーズに心を奪われそうですよ。
恋におちた時のズキュ~ンって衝撃がデザートを見る・食す・余韻にひたる、そして、おしゃれな空間と共にやってくるわけですからね。

もちろん、おじさん1人じゃいけませんので、今のところ行きたいお店リスト保留入りです。女性の方はお一人様でも行けるかと思います。お店のシックな内装を見ると、大人の女性にぴったりな雰囲気ですね。

こんな素敵なお店が新宿に現れるなんて、予想もしてなかったし、嬉しい限りですけども。なんとまあ、デザート専門店にしては夜まで営業してれるし、お酒も飲める!素晴らしいじゃないですか。ここだけの話、オンライン予約できちゃうみたいですよ(決して店のまわしものではございません)

以下、コピペなので引用タグをつけておきますね。

ズドーーン!!

 

住所 / 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 NEWoMan SHINJUKU2F エキソト Tel/Fax.03-6380-0317

 

営業時間 / 11:00〜23:00

入店時間 / 22:00まで

定休日 / NEWoMan SHINJUKUに準ずる

 

ラストオーダー / デザート22:00 ドリンク22:30(お一人様、デザート1品以上のオーダーをお願いいたします)

 

ご予約/平日および土・日・祝は18:00以降のみ予約可(当日予約不可)最終ご予約可能時間は20:00となります。お席のご利用は最長90分です。

 

※ご予約のお客様は、ご来店時にお一人様1コースメニューもしくは1プレート+1 ドリンクのオーダーをお願いいたします。

 

席数 / 30席(カウンター 12席・テーブル 18席)

URL / http://www.janicewong.jp

 

 

*1営業時間・提供メニューは事前に確認をおすすめします。

 

まずは下見にお1人で行かれるのもよし。1人で下見なんてできないよ~という方は当店キャストを連れて行かれるのもよし(軽く営業してごめんなさい)

いやいや、それほどスイーツ興味ないけどもキャストさん連れて行く口実にしちゃおうかなーって考えてる方、ぜひ両方ともお試しください。

今季のメニューは秋らしく、かわいいテーマとなっていますね。店長は番組で見た京都庭園が気になってます(実際に行ける頃には変わっていることでしょう…)アルコールメニューも女子力たけーって感じのシャレオツカラーで、やっぱり男子が1人で頼むには小声になってしまうものばかり。でも本当に色鮮やかで想像するだけで「どんな味がするんだろう」って独創的なメニューに溢れていますね。
以上

JANICE WONG DESSERT BAR の紹介でした!

*1:注)営業時間や提供メニューの変更はトップページのニュースでお知らせしているみたいです。実際に足を運ばれる方はサイトのお知らせもチェックしてから行かれることをおすすめします。

女性専用のお店であっても女の子のパネル写真は大きい方がいい

こんばんは。店長です。
今夜はパネル写真について。当店は未だ在籍してくれる女の子が1人だけです。ワケあってパネル写真はアップしてません。女の子の希望でパネル写真NGと言われれば、お店側はアップしないルールになっています。

他のお店はどうなのか知りませんが、顔出しする・しないは働く女の子が決めるべきであって、お店が勝手に決めることではありません。しかし、悪質なお店の場合、パネル写真NGの女の子であっても、本人と近い雰囲気(他の女の子)の写真をアップしたり、お客様を騙すような行為をしているようです。

 

f:id:leblanctokyo:20160919114743j:plain

 

パネル写真の良し悪し

お客様の目線に立った時、どのようなパネル写真がよいか。自分の好みの雰囲気が伝わってくる、実際の年齢が伝わってくる、ボディーライン・顔のパーツなど容姿が把握できる、おそらくこの3点ではないでしょうか。

 

 パネル写真の3要素

  • 好みの雰囲気か
    逆を考えると、清楚系がいいなぁと思っていながらもギャル系だったら、どう思いますか。ギャル系の子に清楚系を希望しているお客様の接客もツライはず。必然的にお互いテンションが下がるのは目に見えています。

  • 実際の年齢が伝わってくるか
    20代前半を希望していながら30代半ばの子が出てきたら、どうしますか。期待値が高ければ高いほど困惑は免れません…。パネル写真が恐ろしいのはフォトショなど写真加工ソフトを使用すれば、年齢を容易に誤魔化せるところです。つじつま合わせはプロフィール設定で…なんていうことも。そういった風習が暗黙の了解とされてしまうのは残念ですよね(店長としてはデタラメな写真・プロフを掲載するお店は断固として納得できません)

  • 容姿が把握できるか
    重要です。パネル写真全体を見てもボヤ~っとしてて、顔はモザイクやボカシでボンヤリ…。なぜか目玉だけボカシの奥でくっきりパッチリ。とっても不思議な現象を見かけることがあります。顔全体が切り貼りされているような写真もあります。店長が利用する立場だったら背筋が凍ってしまい、恐ろしくて電話もかけられません。

 

理想的なパネル写真

理想は高ければ高いほど手に入りにくいものです。かといって、妥協は禁物。だまされる前提でお店を利用するなんて、断固としてあってはなりません。最低限でも次のことに気をつけて、女の子選びをシュミレーションしたいものです。

 

 お客様思いのパネル写真

  • 自然光で撮影されている
    その理由は風俗店のプロフィール写真のほとんどが室内撮影だから。室内撮影ということは強力な照明を何個もあてることが可能なんです。できるだけ影や凹凸を光で飛ばして、撮影後の肌加工も容易にしたい…。自然光撮影だと撮影場所の下見や機材の移動など、時間と手間もかかり、天候しだいでは撮り直しもできません。その代わり、ちょっとした街なか・公園など日常風景と重なる場所で撮影することによって、女の子の雰囲気がリアルに伝わってきます。

  • ポーズ+アングル+距離のバリエーションが豊富
    年齢は首もとや手・足首など、ちょっとした角度と動きの変化によって露呈します。肌のハリ、背筋のしなやかさ、光の透過具合など、正面から撮影した写真よりも、動きや変化の加わった写真の方が実年齢は反映されるでしょう。ポーズや距離感のバリエーションが豊富な写真は誤魔化しがききません。反対に、女の子らしく見える1つのポーズだけを撮影したものでも、撮り方によっては30代を20代に見せることも可能です(ポーズが1つだけのパネル写真は要注意)

  • モザイクやボカシが最小限に抑えられている
    顔全体が覆われているモザイク・ボカシはそれだけ加工できる面積も広いので、できれば口もとだけ、目もとだけなどパーツ単位でモザイク・ボカシをかけられている写真の方が信憑性は高いです。もっとも、口もとのみモザイクかと思っても、目は別に加工されていたり…油断は禁物です。理想的なのは、口もとを手で隠すなど、デジタル加工をしていない写真がベストです。一番信頼できるのは何も加工していない写真ですが、これはこれで職業プロ風俗嬢として見られるリスクもあるので、素人系を希望されるお客様は出勤頻度など別の要素で判断しましょう。

  • サイズが大きい
    最後は簡単です。これは考えるまでもありません。そして、このサイズが超重要。大きい写真は本当に誤魔化しがきかないので、お店側も高解像度でパネル写真は作りたがりません。高解像度・大きいサイズを維持できるのは加工前のファイルだけです。加工前は大きい写真が作業しやすく、加工し終えたらリサイズして加工した箇所を分からなくさせます。加工していないサイズの大きいパネル写真を掲載しているお店があれば、在籍キャストによほどの自信があると思ってよいでしょう。※特に現存するレズ風俗店・女性専用風俗店において、パネル写真のサイズは小さいお店がほとんどです。

 

いかがでしたでしょうか。
欲を言えば、お客様思いの4つの要素に加えて、街なかで歩いている姿や、たたずまいなど、ちょっとした動画で補足されているものがベストです。
簡単なプロモーションムービーもあると選ぶ側のお客様はより具体的にリアルに思ってくれる。この子と一緒に歩いたら、どんな風に見えるかな、レストランに入るときに自慢の彼女に見えるかな…。あくまでもパネル写真はお店が作るイメージであって、お客様が実際に求めているのは、女の子の日常的な姿なんですね。日常的かつ非日常的な現実に近いイメージ、それが理想のパネル写真です。